ホーム > その他 > 日常生活自立支援事業

日常生活自立支援事業

日常生活自立支援事業とは?

高齢者や知的障がい、精神障がいなどをおもちの方々が、住み慣れた地域で安心して生活が送れるよう、福祉サービスの利用のお手伝いや、日常的なお金の管理のお手伝い、大切な書類をお預かりする事業です。


こんな「困った」はありませんか?

福祉サービスを利用したいけれど・・・(福祉サービス利用援助)

どんな福祉サービスが利用できるかわからない。
どんな福祉サービスが利用できるか、どのように利用すればよいかをわかりやすくご説明します。
福祉サービスを利用したいけれど、手続きの仕方がよくわからない。
福祉サービスの利用や、利用をやめる際の手続きのお手伝いをします。
今利用しているサービス変えたいけど、どのようにすればいいのかわからない。
今利用している福祉サービスへの疑問や不満などを解決するお手伝いをします。

お金がちゃんと管理できるか心配・・・(日常的金銭管理サービス)

福祉サービスの利用料や、税金・保険料・電気代など、いろいろな支払いができるか心配。
福祉サービスの利用料や、税金・保険料・電気代など支払い手続きのお手伝いをします。
年金がちゃんと振り込まれているかどうかわからない。
年金や福祉手当がきちんと振り込まれているか確認するお手伝いをします。

大事な書類をなくしてしまいそう・・・(書類等の預かりサービス)

通帳や権利証などの大事な書類をきちんとしまったか心配。
預金通帳や年金証書、保険証書、不動産権利証、契約書、実印、銀行印、カードなどの大切な書類等をお預かりして保管します。
(※宝石・書画・骨董品・貴金属などはお預かりできません。)

利用料金について

福祉サービス利用援助・日常的金銭管理サービス
※生活保護受給者は免除されます。
※市町民税非課税で預貯金が200万円未満の方は利用料が助成されます。
※預貯金は「書類預かりサービス」で預かる通帳の合計金額です。
1回(1時間程度) 1,000円
書類等のお預かりサービス (1ヶ月 250円) 年間 3,000円

利用するには?

1.まず、日常生活自立支援センターへご相談ください。
ご本人以外でも、ご家族などの身近な方、行政の窓口、民生委員などを通じてのお問い合わせにも対応いたします。

2.担当者がお伺いします。
日常生活自立支援センターの専門員が訪問し、ご相談を受け付けます。秘密厳守ですので、安心してご相談ください。

3.お手伝いの計画をつくります。
どういったお手伝いをさせてもらったらいいか、ご希望をお聞きしてご本人の暮らしにあったお手伝いの計画をつくります。

4.審査が必要な場合もあります。
お手伝いの方法が決まれば、契約となりますが、契約を結ぶ能力に疑義がある場合には、県の日常生活自立支援センターの契約締結審査会で審査されることになります。

5.契約するとお手伝いがはじまります。
契約を結んでいただくと、生活支援員が実際のお手伝い(援助)をすることになります。

6.お手伝いがはじまってから3ヶ月たったら、専門員が中心となって実施状況の検討を行います。
この支援計画の評価はその後も6ヶ月ごとに行います。
お問い合わせ先
桑員日常生活自立支援センター (桑名市社会福祉協議会)
電話 0594-23-2856