ホーム > 音楽療法室

音楽療法室

音楽療法とは

人は音楽によって勇気付けられたり、癒されたり、心を動かされたりします。また、好きな歌を歌ったり楽器を演奏することで、自分の気持ちを表現することができます。音楽療法は、こうした音楽の効果を利用して健康の維持、回復に役立て、生活の質の向上を図るものです。
桑名市では、音楽療法を市民の皆さんの介護予防や健康づくりに役立てようと、福祉の施策の一つとして導入しています。

どんなことをするの?

音楽を聴いたり、歌を歌ったり、身近な楽器や珍しい楽器を演奏したり、音楽に合わせて体を動かしたりします。グループや個人など目的に応じて様々な形で行なっています。

対象となる人やその目的は?

児童・成人・高齢者など、さまざまな人たちが対象です。

児童 心身・知的障害児の発達の援助。未就園児親子の子育て支援。
成人 障害を持つ人たちの機能低下の緩和。対人関係の円滑化。ストレスの軽減。地域での交流。
高齢者 心身の健康の維持・促進・改善の援助。自己実現のための生活の質の向上。

どんなところで実施されていますか?

児童 心身障害児通園施設
障害児グループセッション 未就園児親子のセッション
成人 授産施設、作業所、障害者福祉サービス(生活介護)など
高齢者 老人福祉施設、各福祉センター
宅老所、ふれあいサロン、地区社協、高齢者学級、
みんなで歌おう♪ふれあいコンサートなど