ホーム新着情報 > 『ほぼ月刊桑名歴史こばなし』第8号を発行しました。

新着情報

『ほぼ月刊桑名歴史こばなし』第8号を発行しました。

 この度、『ほぼ月刊桑名歴史こばなし』第8号を発行しました。今回はロンドンオリンピック陸上(4×100mリレー)日本代表の九鬼巧選手を特集しています。

九鬼選手は和歌山県有田市の出身で、早稲田大学を卒業後、NTNに勤務し、陸上競技部に所属しています。現在は桑名市内在住でNTN桑名製作所に勤務しつつ、オリンピック強化指定選手として活躍されています。

今回は執筆にあたり、九鬼巧選手ご本人、NTN桑名製作所、NTN陸上競技部に協力いただきました。桑名市総合福祉会館と桑名市大山田コミュニティプラザには九鬼巧選手の直筆サインを期間限定で掲示しておりますので、是非ご覧ください。

また、イラストについては学生ボランティアの「かこ」さんに協力していただきました。その他の写真については、当協議会の職員が撮影しております。

 なお、第8号別冊として、早稲田大学競走部入部からNTN陸上競技部に至る現在までの競技記録をまとめております。各施設で閲覧できるほか、ホームページでも公開しておりますので、参考としてください。

 

 〈第8号の内容〉

・戦国大名九鬼氏の末裔

・高校時代に10010秒台を記録

・ロンドン五輪日本代表、そして早稲田大学競走部主将へ

NTN入社と桑名での暮らし

 

 

添付:第8号、第8号別冊表紙(ワード)、第8号別冊(エクセル)