ホーム新着情報 > 桑名市文化・スポーツ振興公社の事業を継承しました

新着情報

桑名市文化・スポーツ振興公社の事業を継承しました

社会福祉法人桑名市社会福祉協議会(会長山中啓圓)は、平成31年3月31日に解散した一般財団法人桑名市文化・スポーツ振興公社(理事長伊藤敬三)の事業を継承しました。これに伴い、大山田コミュニティプラザ、スター21、陽だまりの丘複合施設「ぽかぽか」、六華苑、住吉浦休憩施設の5施設の運営を引き継ぎました。あわせて、文化スポーツ振興課を設置し、同公社の後継事務を担い、生涯学習分野の事業を統括する体制を整えました。
 文化・スポーツの振興を図る生涯学習分野に取り組むことで、今後はいっそう幅広く地域福祉の推進に取り組むことが可能となりました。市民および関係者の皆様の引き続きのご理解、ご協力をお願い申し上げます。