ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

地方独立行政法人桑名市総合医療センター 職員派遣

[2020年11月2日]

ID:495

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

地域共生社会の実現に向け、桑名市総合医療センターへ職員を派遣します

桑名市社会福祉協議会は、厚生労働省が提唱する「地域共生社会 (※1)」の実現にむけ、
桑名・員弁地域の中核病院である「独立行政法人桑名市総合医療センター(竹田 寛 理事長)」へ職員を派遣します。


※1:地域共生社会とは

制度・分野ごとの『縦割り』や「支え手」「受け手」という関係を超えて、地域住民や地域の多様な主体が 『我が事』として参画し、
人と人、人と資源が世代や分野を超えて『丸ごと』つながることで、住民一人ひとりの暮らしと生きがい、地域をともに創っていく社会。
(出典:平成29年2月7日 厚生労働省 「我が事・丸ごと」地域共生社会実現本部)

その他、地域共生社会に関する詳しくは、下記厚生労働省ホームページをご参照ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000184346.html


職員派遣の目的

  1. 「地域医療」と「地域福祉」の現場を互いに知り合い、日頃から組織間の連携を深めること。
  2. 「医療」「福祉」に係る専門職の資質向上に寄与すること。
  3. 互いが桑名市における「医療」「福祉」それぞれの中核機関として、
    他の関係機関(行政、病院、福祉事業所等)とも協働し、オール桑名で地域共生社会の実現に取り組むこと。


動き

  1. 2020年5月1日付で、係長級1名(社会福祉士)派遣。
  2. 2020年11月1日付で、一般職1名(社会福祉士)派遣。